月別アーカイブ: 2009年9月

Welcome to Fumi World!

孚実ワールドへ、ようこそ!

まめちゃんのコメント、ありがとう!

(注:前回の記事へのコメント)

あなたのメッセージは、孚実ワールドへの扉をノックしてくれましたよ。

  *

1.

ここのところ、異常氣象が続いています。また9/1も大雨。

雨の神様が水で大掃除、と思い、私達も自らの心身共に大掃除を急がねばなりません。

  *

2.

8/30の衆議院総選挙。予想はしておりましたが、それ以上の雪崩現象がおきましたね。

みなさんが変革(チェンジ)を望まれた結果でしょう。

ここで注意しなければならないのは、付和雷同の心理です。

(先の戦争でも、軍人だけが悪いように言う人が多いですが、あの当時、みんなが競ってその時の風潮・流れに乗って賛同していったのは市民達だったことも忘れてはなりません)

そういう意味では、まめちゃんの言われるように、テレビなどマスコミの論調が、自分のしっかりした見解だと思い込んでいる人を多くつくり、このような雪崩現象での大逆転となった一因でもありましょう。

  *

3.

さて、今回のテーマ《孚実ワールド》について。

豊生が回を重ねる毎に、100号記念、150号…200号…250号…350号と、たくさんの人に集まって祝って頂きました(その中には、はるばる外国から来てくださった人もありました)。

その集いの特長が《孚実ワールド》なのです。

(1)人種差別なし

(2)年齢制限なし(1歳児から80代の人達まで)

(3)職業も、頭脳労働者から、肉体労働が主な人まで、公務員も、教職も、政治家も、会社員も、パートの人も、その日暮しの人も、無職の人も、芸術家も、医師も、セールスマンも、工員も、主婦も、学生も、子供たちも……、という風に集まってくれるのです(みんな大切なお仲間です)。

(4)宗教も、さまざまなグループに所属する人達

(5)思想も、極右から極左まで

(6)役職的にも、トップから何もできない人まで

(7)生活水準も、ピンからキリまで

 ……と、異なる人が多いのに、みなさんびっくりです。

私の世界《孚実ワールド》は、みんな違ってみんないい……なのです。

それぞれの異なるものたちが《まつりあう》というのが、私のめざすところであり、パーティの時、そのヒナ型が顕現出来ていたことを、とても嬉しく思っておりました。

まもなく出来る本『ダメだった母ちゃんの見つけたイキイキほんもの子育て法』も、ぜひみなさんと一堂に会するパーティーを開きたいと思っております。

初めての方でもぜひおいで下さい。みんな心一つに《まつりあう》ひとときを楽しみにして下さい。

只今はまだ孚実はプーケットです。10月か11月には開きたいと思います。
決定し次第お知らせしますので、楽しみにお待ち下さい。