バナナの「一世一代」

プーケットの我が家のバナナ その1

プーケットの我が家のバナナ その2

上の写真は、プーケットの我が家のバナナです。

豊かなバナナの房……。もうすぐ収穫の時となります。

ところで、バナナって、一度実をつけると、それでおしまいとなることを、みなさんご存じでしたか?

エッ!! 本当? と、はじめは耳を疑いました。

大きな木のように見えるバナナですが、リンゴやミカンと違い、草の仲間のように、一回でおしまいなのですね。

一世一代のバナナだと思うと、愛しさも数倍。

一生懸命、命をかけて実らせて……をれを私達はいただいていたのですね。

バナナは葉も茎も捨てるところがなく、食べたり生活の中に活かす材料となったりしてくれます。

大きなつぼみのような花は食用に、茎も調理に……とタイの人は重宝しておられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です