再び、カノムチン…

カノムチンのたれ

写真のこのスープは、みなカノムチンのたれです。

鶏がベースのもの、豚が入っているもの……魚のベースのもの、それぞれが味が異なっていて、辛さもいろいろ!

料理屋さんと

帽子の彼女が、ここの女主人です。

店に入った(というより、外にテーブルがある)途端、目と目が合って微笑み交わして、なつかしい……、どこかで会った人のような、そんな心がお互いに通じ合って……。

この店はパタルンの小道をいくつも曲がったところにあるのですが、たくさんの人が、ひっきりなしに来て食べてゆきます。

案内されないと絶対一人では行けない……、しかし特別においしいおいしいカノムチンの店でした。

ところで……。彼女は、私の食べたものを「フリー」だと言うのです……。

私は、初めてのところでもこのように歓待されることが多く……。

なんだか、どこへ行っても以前にも仲良くしていた人と会っているような……そんな心安らかな旅をさせてもらっています。

また行きたい……でもいつ行けるでしょうか……心残しながら、店を去りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です